2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年10月27日(土)

メキシカンクッキング 第2日目

今週もメキシコ料理教室に行ってまいりました。

今回はちゃんと料理をした
メニューは、
・Cilies Rellenos(大きなペッパーに肉とジャガイモを炒めたものを詰め、泡立てた玉子の衣をつけ揚げたもの)
・Chorizo(チョリソー;ピリ辛のメキシカンソーセージ)
・メキシカンライス(チキンスープで炊いた米)
・Maria Cookies Dessert(マリービスケットにカスタードクリームをからめたもの)
・メロンジュース、パイナップルジュース、ハイビスカス茶
Stuffed Pepper


飲み物は全て先生が既に作ってしまっていた。
私はミンチを炒め、ペッパーの皮をむいていました。(それだけ?)

揚げ物は少しオイリーでしたが、中身のミンチの炒め物は美味かったです。
お米がついてるのが、日本人にはありがたい。
Maria Cookiesて、日本のマリービスケットと全く同じもの!
アメリカにはそういうのはないけど、
メキシコ食材として
お馴染みのお菓子が手に入るのがちょっと不思議でした

チョリソーは、なんと豚肉の塊を機械でミンチにするところから始め、
スパイスを混ぜた後、5日間冷蔵庫で寝かせなあかんということで、
生肉のまま、ジップロックに入れて配布された。
入れ方が適当だったので、袋の外にちょっと赤い汁が・・・
日本人ほど繊細な動きを要求されないので、
先生ですら、混ぜてるときにこぼしたり、ボウルをひっくり返したり、
基本的にキッチンテーブルの上は汚れてます。
「大人のくせに動きが雑やなぁ。」とか「こぼすなんて素人や。」とか
思うのは私だけ?

今日も盛りだくさん。満腹になるほど食べました

5日後、チョリソーを家でしばきました。
炒めて、スクランブルエッグと一緒にトルティーヤに巻いていただきました。
チョリソーのピリ辛をたまごが優しく包んでる感じ。
美味しかった~
Chorizo
スポンサーサイト
12:38  |  FESTIVAL  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。