2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年09月23日(日)

商人根性

イベント会場では、
各国のブースを巡ってスタンプを集めたり、
その国にまつわるクイズに答えたり、
その国の言語で名前を書いてもらったり、
ゲストが楽しめるような工夫がされていた。
子供たちが外国に気軽に楽しく触れ合えるようにというのが
基本的な趣旨みたい。

日本のブースは、折り紙や書道を配っていた。
なぜか韓国と中国のブースでも折り紙を飾っていた。
折り紙は“ORIGAMI”としてアメリカで有名だからね。
中国は折り紙と言うより切り絵ちゃうん?

中国は、日本と同様、筆で漢字を書いて配っていた。
でも、テーブルの上にお金(USドル)の入ったガラスの瓶が置いてあった。
え?チップを入れろってこと?
原料は紙と墨と筆だけやで。
日本はカタカナだけど、中国は漢字で画数多いから手数料がいるのか?
自国の通貨を展示している国はいっぱいあったけど、
ブースでアメリカ通貨をチラつかせている国はココだけでした。

外のブースでは、民芸品が売ってて、
『中国文化なんたら』とかいうコーナーで、
折り紙のうさぎが50セント(約60円)
折り紙のくす玉が、な、なんと10ドル(約1200円)
で売っていた
もとは紙1枚。それもかなりシンプルな作品。
めっさぼろ儲けやん

なんでもお金に換えようとする。
それが中国の文化だ!という紹介だったのか?

そんな折り紙が高く売れるなら、
私は簡単にニュービシネスを始められそうですなフフフ
スポンサーサイト
16:38  |  CULTURE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。