2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年04月13日(日)

French Quarter Festival

昨日今日とニューオーリンズで開かれてた
“French Quarter Festival”に行ってきました。

ニューオーリンズで1番栄えている地域、フレンチクオーターの
あちらこちらにステージが設けられていて、
生演奏が1日中楽しめるというお祭り。
なんと入場無料
ジャズやらカントリーやら、いろんなジャンルのミュージシャンが
演奏していました。

ステージの種類もいろいろ。
ミシシッピ川の土手の上にでっかいステージ
French Quarter Festival1

バーボンストリートにもちっさなステージがいっぱい出てた。
French Quarter Festival3

出店もいっぱいありましたよ。
French Quarter Festival2

みんなの買い食いが激しいこと。
ビール、アイスクリーム、ホットドッグ、ハンバーガー、リブ、ドーナツ等
ファッティフードのオンパレード

普段は夜8時からしか開かないプリザーベーションホール。
とても歴史のあるジャズのライブホールです。
プリザーベーションホール

【More・・・】

このお祭りのときだけ、昼間から開いてました。
それも無料で!(通常ひとり10ドル)
もちろん行ってきました。
ここに出てくるミュージシャンは、一流揃いだそうです。
ホールはとても狭く(12畳くらい?)、
ステージと客席に段差はなく、
ステージのすぐ前に、いくつかの長いすが置かれてて、
その後ろに立ち見するスペースがある。
客も50人くらいしか収容できないくらい。
そのコンパクトさゆえに、スピーカーがない。
本当の生音を楽しむことが出来るんですよ
すごいよ~。
ジャズ特有のアドリブ演奏満載で、
ライブ感モリモリ。
引き込まれてしもうたわ。ありゃええ

昨日は、会場内をうろついて、丸1日いろんな音楽を楽しんで、
「これがタダなんは、ほんまおやね。」と意気投合したもんで、
今日も再び出陣してきました。
昨日の下見で味をしめたので、今日は準備万端。
折りたたみイス、スナック、ビールを入れたクーラーボックスを持参しました。
(本当は、会場の出店で食べ物買って、
お祭りの維持のためにお金を落として帰った方がいいのは知ってる
一日中、土手の上のステージ前を陣取って、音楽と食を楽しんできました。

持って行ってたビールがコロナだったんで、
ライムまでしっかり入ってます。
コロナ持参

旦那さんが早朝からせっせとライムを切ってました。
酒の番をさせたら、うちの旦那は世界一ですわ
(自慢するこっちゃない?!)
スポンサーサイト
21:05  |  FESTIVAL  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。