2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年04月05日(土)

ABITA BREWERY

住んでいるところから車で1時間半ほど行ったところに、
ルイジアナで1番有名な地ビールABITAの工場がある。
ABITA BEER

そこでは、工場見学が出来、もれなくビールの試飲がついてくる。
もちろん無料で、飲み放題

それ目的で、今回すでに3回目となりますが、
工場見学に行ってまいりました。

【More・・・】


以前の工場見学者向けの試飲コーナーは、
工場の片隅にある従業員の休憩所に
ビアサーバーが並んでて、客は自ら注いで立ち飲み状態だった。
しかし、景気がいいのか、
無料ビールに魅かれたうちらみたいなリピーターが増えたせいか、
数ヶ月の拡張工事の末、工場横にバーみたいな立派なビジターセンターが建てられていた。
ABITA VISITER CENTER

バーカウンターの向こう側にビアサーバーがあるけど、
やっぱりセルフサービスでした。
ABITA ビール飲み放題

レギュラーメニューの数種類のビールが全て飲み放題、勝手に注ぎ放題。
工場見学ツアーは13時始まりの予定でしたが、
12時過ぎに着いた時点で、お客がいっぱい。
みんなグビグビビールを楽しんでいました。
飲む量が完全に試飲の域を超えています。
全員が必ず両手にカップを持ってます。

ビジターセンターでは、食べ物のサービスは全くない。ビールのみ。
リピーターの我々は、それを知っていたので、
厚かましくもおつまみ持参
それもあえて日本のお菓子。塩加減がビールに合いますよ
おつまみ持参


で、行った日が土曜日だったので、工場は稼働していなかった。
と言うことで、工場側もみんなビール試飲目的で来ていることを承知していた。
ビジターセンターで酔っ払い相手に、
工場の人が何かビールの作り方の説明をしていたが、
ほとんど誰も聞いていない。
実際、工場内の見学の所要時間はたったの15分
ABITA BREWERY内部

稼働していない貯蔵タンクを見せられただけ。
もちろん工場内もみんなビールの入ったカップを放さずです。

「後は、閉店の15時までごゆっくりビールを楽しんでくださ~い。」
とのこと。
この放置プレイっぷりがアメリカですわ。ええど、ええど

各々無料ビールをカップ(約350mL)5杯くらいいただいて帰りました←誰がドライバー?
スポンサーサイト
20:13  |  FOOD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。