2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年03月29日(土)

Nightmare

旦那さんが変な夢を見て、昨晩は寝られへんかったと言っていた。
誰かに追いかけられる夢を見たらしい。

どうもそれを誘発したのは、
前日に見たテレビ番組のせいらしい。

"Trading Spouses"という番組。
2つの家族が母親(もしくは父親)を交換して、1週間を過ごし、
最終日に各家庭に50,000ドル(約500万円)が番組からプレゼントされ、
他人であるホームステイした人がその家庭でのお金の使い道を決めるというルールである。

日本でも『ラブちぇん』て夫婦を交換する似たような番組があるね。
深夜番組だけど、こちらの朝なのでよく見てます。

【More・・・】

で、今回の"Trading Spouses"では
キリスト教信者とユダヤ教信者の家庭が登場。

アメリカ南部は、従順なキリスト教信者が多いらしいが、
その中でも特に強烈なオバチャン(出身はルイジアナ)だった。
確かにユダヤ教の人の家は、
悪魔の置物や変わったマーキングが施されていて、
だいぶ異様だった。それに違和感を感じながら、
強烈なオバチャンは、他人の家なのに
我がの道を無理矢理突き進もうとして、どんどん浮いていくん。KYの極み。
「キリスト教しか信じへん!」ってよその家族を改宗させようとしたり、
あらゆる部分でひとりでキレてはった。周りはあきれとった。
アメリカ人にとって、宗教は人生の中で重要な部分を占めてるらしいが、
どの宗教がいいとか悪いとか
1番デリケートな部分の話なんで、誰も触れたくないグレーゾーン。
1週間だけなんやから、我慢すればええやんと思うのは、
集団行動が好きな日本人的発想?!
いや、もう片方のユダヤ教のおばちゃんはちゃんと楽しんでたよ。
たとえ遊びに来た近所のオバサンたちが、
「キリスト教徒じゃなければヒトじゃない」みたいなことを言われても。
(コレはやらせ?現実?? 
いまだかつてココでこんな扱いされたことはないが、真実は闇の中。)


で、1週間の滞在が終わって、自宅に帰ってきたときに
その苛立ちがついに大爆発
そのときの形相がまさに悪魔そのもの。
Trading Spouse

これCGじゃありませんよ。
テレビで見てるだけなのに、ちびりそうになりました

オバハンの家族も全員ドン引きしてた。
5歳くらいの娘がビックリして固まってるのをみて、本当にかわいそうに思いました。

コレのせいで、旦那さんは悪夢にうなされたというお話でした

動画を見たいひとはこちら
スポンサーサイト
10:27  |  LIFE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。