2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年02月10日(日)

緊急事態発生!!

やってもうた、やてもうた

奥歯の銀の詰め物がボロッと取れた歯

ガム噛んでたら、ボリッ言うて、取れちゃった。

半年ごとの一時帰国に、歯医者に行って、
検査してもらってたんで、
アメリカの歯医者なんて行ったことがない。

アメリカの医療は高いし、システムも違うとか。
今入っている海外用保険は歯の治療は適用外。

専門性を重視するアメリカの歯医者って、
虫歯1本直すのに、
「処置の方法を決める歯医者(かかりつけ医)」
「歯を削る歯医者」
「形を取って、クラウン(差し歯)を作る歯医者」
「ホワイトニング(歯を白くする)など表面をキレイにする歯医者」
もし、歯茎に問題があれば、加えて
「歯茎の治療をする歯医者」
と何軒も行かな完治しないとか?
実際、どれくらい細かく分かれてるか、
ひとりの歯医者がどこまでケアできるのかは
詳しく知らないので、これは極端な例かもしれないけど、
少なくとも2つ以上の歯医者に通わなあかんというのは本当。

【More・・・】


さらに、医者の選び方が難しそう。
手先の器用なアメリカ人を見たことがないので、
腕前のアタリハズレはすさまじそうと予想される。
まあ、コレは誰か信用できる友人に紹介してもらえば避けられることか。

問題は治療中のコミュニケーションが英語だと言うこと!
アメリカにいるんだから当然なんだけど、
歯科用語なんか知らないもん。
歯は一生モンだし、一度削ってしまったら戻ってこないんで、
慎重にしたいところ。
仕上がりに満足できかったときに、
何度も予約からクレームから全て英語でこなさなきゃいけないことに
ストレスが溜まりそう

こちらの歯の治療は、虫歯になったときは、
銀の詰め物をするんじゃなくて、
たいていクラウン(差し歯)を作るらしい。
アメリカは医療保険制度がいい加減なので、
一般市民も日本ほど保険がきかない。
その分、一度でガッチリ治しますというノリなのかな?
クラウンを作るとなると、1本5~10万くらいかかるんじゃないかな
と友達が言っていた。

アメリカで治療する場合にかかる費用で、
日本の往復航空券+日本での歯の治療代が
十分まかなえよう

幸い、専業主婦の私は、時間が自由に使える
問題は、片道22時間のフライトがしんどいと言うとこだけ

ここはいっそ、日本に帰って、
安心できるおなじみの環境で、
しっかり歯を治しましょうか
と考え始めている。

歯の治療のためだけに帰国て・・・
って笑われそうだけど、
現状を考えると、それは全然恥ずかしいことではないはず。

ということで、今月末あたり
のっそり日本に帰っているかも知れませんよ
スポンサーサイト
09:29  |  LIFE  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>mayuu
なんかやいこしそうやろ~e-351
8割方、日本で治す方向に傾いております。
そのときは、おいしいごはん屋さんに連れてって~。
たまには、ゆっくりじっくりお話したいわe-266

ていうか、mayuuに「会いたい」とか言われたら、
「すぐ帰りますe-446」って言いたくなるね。
(変な絡みとかじゃなくて、素直に嬉しいのe-399
あねご |  2008.02.13(水) 02:42 | URL |  【編集】

うっわー、それは大変そうやなーi-201
うちもこっちに帰ってきてガッツリ治した方が
エエんちゃうかと思うわ~。
(ってか、会いたいだけちゃうんか!?っていうのは
バレますまい。笑)
mayuu |  2008.02.12(火) 21:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。