2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007年11月14日(水)

ちらしSUSHIヽ(°▽、°)ノ

今日は旦那さんが午後半休をとったので、
ランチは一緒に外食してきました

行ったのは、日本料理屋さん。
久しぶりに生の魚が食べたくなったから~
寿司だ寿司だ

平日しかランチメニューをしていないから、
このチャンスを待っていたのであります。
ランチメニューにしかないアレが食べたかったのー

アレっていうのがコレ
ちらし寿司

“Chirashi Sushi Lunch(ちらし寿司ランチ)”

ちらし寿司言うても、すし太郎みたいな混ぜごはんじゃなくて、
酢飯の上にきざみのりのせて、シソのせて、
その上に折り重なるように刺身(寿司ネタ)が敷き詰められております。
すし屋に行っても握り寿司しか食べないほどの
生魚好きにはたまらん山盛りっぷり
ここのお店は、ネタもそこそこ新鮮。
スーパーの寿司よりも上(比較対象が低レベル)

ランチはこれに味噌汁ときゅうりとカニかまの酢の物がついてきます。
それで約13ドル(約1500円)。
安くはないが、こんなけ刺身が食べられるんで満足です。


【More・・・】

うちの町には10件近く日本料理屋があるが、
全てオーナーは中国人かベトナム人。
中華料理屋やベトナム料理屋をするより
日本料理と看板を出したほうが値段が高くても人が来るから。
寿司以外のメニューが
中華であってもベトナムであってもタイであっても、
アメリカ人は気づくわけないからね。

行った日本料理屋は、オーナーはやはり中国人だが、
日本に数年間いたことがあるらしく、
店の中は日本のすし屋に近い。
日本人のお友達が1人ウエイトレスをしているのもいいところ。

多くの日本料理屋は“Hibachi Grill & Sushi”と掲げている。
Hibachi Grillというのは、いわゆる鉄板焼き。
しかし、この鉄板焼きはホテルの高級ステーキ屋のようなものでも、
お好み焼き屋の延長の鉄板焼のようなものでもない。
鉄板は日本のと同じなのだが、お客は鉄板の前のカウンターに並び、
背の高い帽子をかぶったコックさん(これまた残念なことに中国人)が
コテを両手に持って、ステーキを焼いたり、チャーハンなどを作る。
塩コショウの小瓶を帽子の上に投げ入れたり、
コテでジャグリングをしたり、
10分に1回の割合で鉄板の上の肉に火をつけたり、
パフォーマンスが大げさで、いい加減目障りになってくる。
1番ウザイのは、コテでやたらと鉄板をカンカンたたくこと。
大きな音を立てるのは、行儀が悪いし、うるさいだけ。
アメリカ人たちは、そのパフォーマンスに大喜びで、
大声を出して騒ぐので、余計にうるさい。
このHibachiは、日系人が多く住むハワイが発祥らしい。
お寿司食べてるのに、周りが騒がしすぎて落ち着かないから私は嫌い。

今回行ったお店は、Hibachi Grillをやっていないところがいい。
静かで品のよさそうなお客ばっかりでした。
運がよければ、大トロがあったりもするらしい。

寿司以外のメニューは、
天ぷらだの照り焼きチキンだのとんかつだのうどんだの
ごくごく普通のメニュー(の割にめちゃ高い)なので、
私は、生魚を食べるためにだけしか日本料理屋には行かないと決めている。
Sushi Grade(アメリカでは生食できる魚をスシグレードと呼んでいる)の
新鮮な魚を、一般人が手に入れることはほとんど不可能なので。
ていうか、「それ以外のメニューなら私が店開けるやん。」と思ってしまう程度の
モノしか出てきません。残念。
スポンサーサイト
14:42  |  FOOD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。